Staff Introduction Vol.1

2017.7.01

みなさん、こんにちは!

PRESSのKEBOです。

いきなりですが、今日のブログでは、kaeneのスタッフを紹介しようと思います。

お客様や、友人、同じ業界の方から、

kaeneのスタッフってどんな方~?どんな人が作っているの~?などなど…

スタッフについて聞かれる機会が、以前にもまして増えている気がします。嬉しい限りです!

そういえばわたしも入社前、こっそりkaeneファンだった時があり、

こんなに可愛いお洋服、一体誰がつくっているんだろう、どんな会社なんだろう…と気になってHPを見た事を思い出しました。

なので、今日は第1弾として、kaeneの営業スタッフ山路涼太さんに、インタビューをしてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山路→山  KEBO→K でのインタビュー形式です。

__________________________________________________

 

K : 今日は山路さんについて、色々と聞いていきます!

山:なんでも聞いてください!

K:わたしも山路さんの事、今まで何をしていたか、なんでファッション業界にいるか等知らないから、経歴等なんでもいいので、まず教えてください。

山:こちらの会社、株式会社ロダン(kaeneの本社)へは専門学校を卒業し、2016年4月に入社しました。今年2年目です。

出身は福岡県の遠賀で、高校は調理科でした。

K:え~、調理科の高校にいたなんて知らなかった。

山:調理の道での進路が考えたときに、ちょっと向いてないな…と思い、次に何が好きかを考えたときに、ファッションに興味があるなって思ったんです。

その時の高校の恩師が本当に親身に進路について一緒に考えてくれて、

色々な学校を調べた中、福岡市にある香蘭ファッションデザイン専門学校を教えてくれました。

K:香蘭ファッションデザイン専門学校のことは、そこで知ったの?

山:はい。その時は漠然とファッションに興味があるから、お洋服に携わる仕事に就きたいと思い、

専門学校ではファッションビジネス科へ進学しました。

K:恩師の先生のおかげですね。

山:はい!専門学校では、つくる基礎も学びましたが、

ビジネス科ではショップの運営や商品の取扱いなど、営業や販売面でのスキルを中心に学びました。

K:専門学校時代、収穫があったことはありましたか?

山:友達との出会いです!!(即答)

K:友達~!笑 すごく大事ですよね。

山:専門時代に出会った友達とは今でも交流があります。高校のときの恩師もそうですが、

みんないつも親身で優しくて、学生生活は友達の存在に沢山支えられました。

K:専門時代のお友達は同じファッション業界で働いているの?

山:ほとんどファッション業界で働いています。なかでもビジネス科での友人は販売職に就いている人が多いです。

K:ちなみに山路さんは、販売ではなくメーカーの営業職だけど、進路を決める時に何か思っていたことなどはありますか?

山:これまた当時の担任の先生に、これからどうするかを話した時、

自分は販売職ではないかな~とざっくりと話したんです。その時にロダンの社長が、営業スタッフを探していると、担任の先生に教えてもらいました。

K:先生との信頼関係、しっかり築けていたからこその情報。ちなみに、ロダンやkaeneのことは知っていたの?

山:知りませんでした!その話を聞いて、福岡でオケージョンドレスに特化した商品を作っているメーカー、会社だって事を知り、どんな会社だろう…と気になりました。

そこから、専門2年目の夏にロダンでの営業研修をさせて頂く機会を設けてもらいました!

K:え~そんな研修があった事、知らなかった!!

山:KEBOさんは中途採用での入社だから、知らないですよね。

K:今日初めて知った山路さんの事もいっぱいだし、会社のこともまだまだ知らないことありますね!

山:本当ですよ。普段それぞれが仕事をしていたら、なかなか話す機会なかったりしますもんね。

K:今日話せてよかった~笑 そして話しを戻しまして、、、研修では、どんな事をしたんですか?

山:ロダンで当時唯一の営業をされてあった日永ディレクターと外回りに同行しました。

K:え!いきなり!?

山:そうです。笑 商品のピックアップから詰め込み、営業先への移動、大量の商品を運びながらの移動、移動、移動、、、、

ある程度、外回りの営業ってこんな感じかと想像はしていましたが、思っていた以上にハードで大変で、、、でもお取引先様としっかりとお話をしたり、情報交換をしたり、とても充実した営業研修ができたと思いました!

DSC_0116

↑↑↑情報取集に勤しむ山路さん。営業のスペシャリスト、日永ディレクターの情報収集量の凄さについて語っています。背中をしっかり見ています。

 

山:そんなご縁もあり、その年にロダンへの入社が内定しました。

翌年の2016.4月に営業スタッフとして入社し、今に至ります。

K:山路さんにとって、社会人初めての会社がこのロダンですが、入社してすぐの印象とか覚えていますか?

山:他の会社がどうなのかは、初めての会社なのでわかりませんが、とにかくスタッフが優しくてアットホームだと思いました。

K:それはわたしも思いました!ひとりひとりを尊重してくれている環境ですよね。

実際に働いてみて、どうですか?

山:営業=外回りだと思っていましたが、社内にいる事も多く、その時は電話での営業、アポイント取り、

新規営業先やお店の情報を調べたり、どの商品をご提案するか等、外回りの準備もしています。

また、営業に付随する事務的作業もしています。

DSC_0115

↑↑↑kaeneの商品で、山路さんの1番オススメ 001399 / 総レース Aラインワンピース

このワンピースを着た女性は本当に可愛いとの事。 早速、商品提案としていくつかピックしていました。

DSC_0111

商品を出荷する前には、検品と検針は必ず実施。この日山路さんは検針を担当していました。

一押しワンピースの検針ができて、どことなく嬉しそう。。。笑

 

K:山路さんから見てのkaeneの魅力って何ですか?

山:スタッフみんな、kaene愛に溢れるチームであること。自分たちが愛情をかけてつくっているモノを伝えたい、絶対の自信があること。

K:本当にそうですよね!みんな本当にkaeneが大好き。

山:だから自分は、そんなkaeneの商品を多くの人に届けて、伝えていくのが役割だと思っています。

K:本当に沢山の人にkaeneを知ってもらいたいですよね!!

その為にするべきことや、思っていることはありますか?

山:デザイナーやパタンナーとしっかりと話す機会を今以上に作りたいです。もっとkaeneの商品について知識をつけたいです。

それぞれの立場で熱量を持って仕事をしている分、少し遠慮がちになってしまっている部分はあるので、

沢山コミュニケーションをとりたいですね。

K:わたし自身も今日、山路さんと話さなければ知らなかった事も沢山あったり、同じことが言えます。

もっとkaeneや、kaeneをつくっているヒトについて、わたしたち自身が知るべきですね。

 

では、最後に山路さんから一言お願いします!

山:kaeneが大好きなチームで、素敵な商品を日々つくっています。

沢山の方々に知って、興味を持って頂けるよう、自分もkaeneを追求していきます!

K:今日はありがとうございました~

__________________________________________________

わたし自身も気づかされたことが沢山あった、山路さんへのインタビュー。

とっても爽やかで人当りの良い山路さんは、周りの人を大切に仕事をしているんだなと感じます。

どこの環境にいても愛されキャラです。

お取引先様や、今後kaeneのショップなどでお目にかかる機会がある際は、是非お声をかけてくださいね!

…次回のPRESSブログでは、パタンナーAさんのインタビューを予定しています。お洋服ができるまでのアレコレが聞けそうです。

お楽しみに。 

それでは、また!