Tulle Layered All-In-One

2015.11.19

 by PRESS

 

こんばんは。

大阪展示会も昨日無事終了し、

ようやく一息つきました。

 

 

今回の展示会は kaeneにとって挑戦の回でもあった展示会。

無事に終えることができて、とりあえずはホッとしています。

 

 

1月頃~より、こちらでも 春夏物の新作を 順次ご紹介していきます。

 

これまでのkaeneの世界観はそのままに、

より 可愛いプライスになったラインも。

 

わたしも、既に欲しいアイテムが沢山です。

皆様にご紹介するのが待ち遠しいです!!!

 

 

‐‐‐

 

 

さて、本日はkaene online storeの新作をご紹介いたします。

 

wear443

 

001178 / チュール重ねオールインワン ¥26,000 + tax

 

 

もはや説明も不要なほど、

およばれの大定番となったオールインワン。

 

2015 S/Sシーズンから じわじわと

ワイドパンツ仕様のオールインワンを提案してきましたが、

今回 まさに今の気分にぴったりなオールインワンができました。

 

まずはトップ部分のディテールに注目。

旬顔の、チュール重ねデザイン。

 

wear445

 

チラチラッと 動くたび 表情を変える透け感 が、

見慣れたフリルデザインを 一気にあか抜けた表情にしてくれます。

 

1031_kaene_09

 

肩フリル部分は 裏地無しのチュールのみで、

軽やかさをプラス。

重めなボトム部分とのバランスを考えています。

1031_kaene_11

 

私個人的にお気に入りのポイントがここ。

ネックの詰まり具合とギャザー具合。

 

首元のギャザーデザイン…好きです!

ちょっとレトロな雰囲気が逆に今、とっても新鮮。

胸元を大きく開けるより 断然、女性らしさがグンッと上がるような気がします。

そこから続くバストラインもとても綺麗に見せてくれます。

 

wear444

 

チュール重ねのデザインによって、

ギャザーが強調され ドレスアップ気分が盛り上がります。

1031_kaene_08

パンツ部分には キレイすぎずカジュアルすぎない、

絶妙な艶感のメモリーサテン生地を使用しています。

 

この生地のおかげで ドレスアップのテンションは保ちつつも、

決して野暮ったくならない 絶妙なこなれ感が出せます。

 

 

 

フォーマルシーンでのオールインワンコーディネートのポイントは

なんと言っても 程よい華やかさとのバランスだとつくづく思います。

 

シンプルなものをシンプルに着るのも もちろん素敵ですが、

いざ 華やかなワンピースたちに囲まれると

一人だけ やたらと背伸びをしてしまったように見えたり。

(…良い意味ではない背伸びの仕方、です)

 

 

そこで  髪型や小物の合わせ方ももちろんですが

着用するアイテムそのものの 色、柄や 生地使い。

ここで 単体でもパワーのあるアイテムであれば、

まず 前述のような失敗は無いと思います!

 

 

かくいう私も、

何にでも合うから…と お決まりの理由で

デザインを極力そぎ落としたものを よく買ってしまいますが。。

 

 

フォーマルシーンに着用するアイテム

=購入する機会、着用する機会が限られているものこそ、

着回しやその他もろもろの事は考えずに

直球の 素敵!と感じた気持ちに素直に選んでいただきたい…と思います。

 

そのアイテムに愛情があれば、

おのずとコーディネートは浮かんでくるはず!

 

kaeneとしても この想いは大事にしたいところ。

皆様が心からドレスアップを楽しめますように。

 

 

←クリックで商品ページへ飛べます

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが。

今回の展示会のBGMは

kaeneの世界観をイメージして、

デザイナーが編集作業を行いました。

 

セットリストの中で 特に私がお気に入りだったのがこちら。

 

Gia Coppolaの監督映画 ”パロ・アルト” のサントラより。

 

 

かの有名なSofia Coppolaの姪っ子のGia Coppola。
 
彼女の紡ぐ世界もすこぶるガーリーで、素敵です。